コールドチェーンとは?急速冷凍で叶える食品物流の新しい形を解説

公開日:2024/02/15
コールドチェーンとは?急速冷凍で叶える食品物流の新しい形を解説

コールドチェーンとは、急速冷凍技術を駆使し、食品物流を変革する新しい形です。低温管理で品質維持、廃棄削減、商品広域輸送が可能になりました。これにより、食品の新鮮さや安全性が向上したのです。コールドチェーンがどのように食品流通を変えているか、本記事で詳しく解説しましょう。

コールドチェーンとは

物流の進化と技術の発展にともない、とくに注目を集めているのが「コールドチェーン」です。この言葉は、英語の「cold(冷たい)」に由来し、所定の低温を維持しながら生産から輸送、保管といった流通プロセスを鎖のように連携させる仕組みを指します。日本では「低温物流体系」や「低温ロジスティクス」とも呼ばれています。

コールドチェーンの歴史

コールドチェーンの歴史は古く、日本では冷凍輸送が事業として始まったのは1958年といわれています。福岡県の運輸会社が冷凍輸送の事業化に成功した後、1961年ごろからは日本政府もこの事業を推進しました。

現在、コールドチェーンは冷凍食品や生鮮食品だけでなく、医薬品や輸血パック、電子部品など、多岐にわたる分野で活用されています。これにより、製品や商品の品質や安全性を確保し、新鮮さを維持することが可能です。

コールドチェーンの技術は不可欠

コールドチェーンは日常生活においても不可欠な技術となっています。たとえば、冷蔵庫や冷凍庫で保存されている食品や薬品は、コールドチェーンの一環として我々に提供されています。感受性の高い製品を適切な温度で保つことで、品質の向上と安全性が確保され、消費者に安心感をもたらしています。

コールドチェーンが利用される理由

コールドチェーンは、生鮮食品や冷凍食品、医薬品など感受性が高い製品の生産から消費者の手に届くまでの一貫した流通プロセスで、その利用にはさまざまな理由があります。

品質維持と安全性

冷蔵や冷凍による低温管理は、食品や医薬品の品質を維持し、安全性を確保する重要な手段です。低温下では微生物の繁殖が抑制され、製品の新鮮さや劣化の進行が遅れるため、最終消費者に安全で高品質な商品を提供することが可能です

輸送距離の拡大

コールドチェーンの導入により、輸送距離が大幅に拡大しました。冷蔵車や冷凍コンテナを使用することで、生産地から離れた地域や国際的な輸送においても商品の新鮮さを保ちながら流通させることができます。

拡大する冷凍食品市場

冷凍食品の需要が増加しており、その需要に応じてコールドチェーンの利用が拡大しています。冷凍食品は長期保存が可能であり、忙しい現代社会において手軽で栄養価が高い選択肢として重要視されています。

グローバルな供給チェーン

国際的な取引や輸送においても、コールドチェーンは欠かせません。とくに新鮮な農産物や水産物、医薬品などの国際的な取引においては、低温維持が製品の品質を維持し、世界中で一貫して安全な商品を提供するために必須です。

医療分野での利用

医薬品や生体試料など、医療分野でもコールドチェーンが重要な役割を果たしています。感温性の製品はとくに厳格な温度管理が求められ、これにより有効な医療ケアが提供されます。

コールドチェーンのメリット

コールドチェーンは、低温で製品を一貫して管理し、生産から消費者の手に届くまでの流通プロセスを効果的に構築するための重要な仕組みです。このシステムには多くのメリットがあります。

食品廃棄(食品ロス)の削減

コールドチェーンの最大のメリットは、食品の長期保存が可能なため、賞味期限や消費期限を延長し、食品廃棄(食品ロス)を大幅に削減できることです。低温管理により品質劣化が抑制され、商品が長期間にわたって新鮮な状態を維持できます。

商品の広域輸送

コールドチェーンは、商品を低温で効率的に輸送することを可能にし、地域を超えた広域輸送が実現できます。これにより、新たな市場への進出や販路の拡大が容易になり、生産地から遠く離れた地域でも高品質な商品が提供できます

健康と安全への配慮

食品や医薬品の低温管理は、製品の劣化や微生物の発育を抑制するだけでなく、消費者へ提供される製品が高い品質基準を満たすことを保証します。これはとくに、医薬品やワクチンなどの医療分野において健康と安全への配慮が重要な要素となっています。

コストの最適化

コールドチェーンの技術やノウハウが進化する中、コストの最適化が進みつつあります。初期の高額な導入コストが懸念されましたが、効率的な冷凍・冷蔵技術や物流システムの改善により、コストベネフィットが向上しています

環境への貢献

食品廃棄(食品ロス)の削減は環境にもポジティブな影響を与えます。無駄な資源の使用が減り、廃棄物の発生が抑制されることで、環境への貢献が期待されます。

まとめ

コールドチェーンは食品物流の新しい形で、急速冷凍技術を駆使して品質維持を実現します。低温管理により食品の新鮮さを保ち、食品廃棄を削減します。商品広域輸送も可能で、品質や安全性向上、環境への貢献にもつながります。総じて、コールドチェーンは食品物流において欠かせないシステムであり、現代の流通において多くのメリットをもたらしているのです。

ジャンルを問わない急速冷凍機

3Dフリーザー/株式会社コガサン

3Dフリーザー/株式会社コガサン
引用元:https://3d-freezer.com/

3Dフリーザーは、世界初の特許技術による冷凍で食品の美味しさをキープしたまま保存できる点が食品業界で評価を得ています。
繊細な飾りつけや、従来では冷凍ができないと思われていた食品など、「冷凍ができれば叶うのに…」と販路拡大や大量生産を諦めていた食品事業者の方におすすめしたい急速冷凍機です。

急速冷凍のお役立ちコラム

おすすめの急速冷凍機7選比較表

イメージ
引用元:https://3d-freezer.com/
引用元:https://technican.co.jp/
引用元:https://yoneda-kohki-group.co.jp/products_rf/
引用元:https://rfs.proton-group.net/product/
引用元:https://www.galilei.co.jp/products/search/?daibunrui_id=4&tyubunrui_id=11
引用元:https://www.abi-net.co.jp/cas/
引用元:https://pro.saraya.com/rapidfreezer/
会社名株式会社コガサン
3Dフリーザー®︎
テクニカン
凍眠
米田工機
リ・ジョイスフリーザー
菱豊フリーズシステムズ
プロトン凍結機
フクシマガリレイ
ショックフリーザー
株式会社アビー
CAS
サラヤ
ラピッドフリーザー
特徴特許技術でさまざまな食材の品質を落とさず素早く冷却通常の空冷気式の急速冷凍機よりもさらに早く食品を凍結できる圧倒的高品質の冷凍ができる液体急速冷凍機鮮度を保持して食品ロスを削減できるハイブリッド凍結機加熱したての熱々の食品も急速冷却・急速凍結できる限りなく生に近い状態を時を超えて再現素早く凍結して食品の品質を保つ急速液体凍結
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】世界が認める特許技術!3Dフリーザーが変える食品業界の未来