小型の急速冷凍機は個人経営の飲食店におすすめ!導入のメリットを紹介

公開日:2024/03/15
小型の急速冷凍機は個人経営の飲食店におすすめ!導入のメリットを紹介

個人経営の飲食店には小型急速冷凍機がおすすめです。廃棄ロスの削減や出来立ての料理の保存に優れ、業務の効率化につながります。この記事では、小型急速冷凍機の導入のメリットについて解説し、冷凍機の選び方や具体的な業種別のおすすめ機種も紹介していきます。最適な急速冷凍機を導入して効果的な経営を目指しましょう。

小型急速冷凍機の種類

小型急速冷凍機は、コンパクトで使いやすく、効率的な冷凍が可能です。各業種に合わせて適切な機種を選択することで、食材の新鮮さや品質を確保しながらコストを抑えられるでしょう。中小規模の事業者や個人事業主にとって、これらの小型機は頼りになるパートナーとなることでしょう。以下では、小型急速冷凍機の主な種類を紹介します。

エアーブラスト冷凍機

小型で使いやすいエアーブラスト冷凍機は、空気を利用して急速に冷却する方式を採用しています。1時間あたりの凍結量は2〜30kgまで幅広く、とくに飲食店や小規模な水産業者に適しています。コンパクトなデザインで場所を取らず、操作も簡単です。

フラッシュ冷凍機

フラッシュ冷凍機は、非常に低温の冷媒を使用して急速に凍結させる方式を採用しています。中型の急速冷凍機に比べて小型ながら、1時間あたりの凍結量は30kgまであります。肉製品や乳製品の冷凍に効果的で、運用コストが低いのも魅力です

真空冷凍機

真空冷凍機は、真空状態で冷凍を行う方式を採用した冷凍機です。とくに食材の風味や栄養を保ちながら急速に冷凍でき、小型の機種でも1時間あたりの凍結量が充分な水準にあります。個人商店や食品加工業者に適しています。

小型急速冷凍機を導入するメリット

食品業界や小売業において、小型急速冷凍機の導入はさまざまなメリットをもたらします。以下に、その主な利点を探ってみましょう。

食材の品質維持

小型急速冷凍機は素早く冷凍するため、食材の鮮度や栄養価を効果的に保ちます。これにより、出来たての美味しさや質の高い食材を長期間にわたって提供できます。

ロスの削減

急速冷凍により食材の品質が向上するため、廃棄ロスを削減できます。解凍後のドリップを最小限に抑え、本来の味や質を損なわずに保存できるため、食材の無駄を減らします

多様な料理の保存

小型急速冷凍機は、出来たての料理や加工食品も急速に冷凍できます。これにより、多様なメニューを提供する飲食店や仕出し業者にとっては、品質の維持が可能となります。

柔軟な生産体制

多品種少量生産に向いている小型急速冷凍機は、トレイを差し込む棚が分かれており、異なる食品を同時に冷凍できる特徴があります。これにより、需要に応じて柔軟かつ効率的な生産が可能です。

販路の拡大

急速冷凍により出来立ての料理の美味しさを保つことができ、遠隔地への販売や通信販売に活用できます。これにより、新しい販路を開拓し、事業の拡大が期待できます

運用コストの低減

小型急速冷凍機の導入は、ランニングコストを抑えるうえで有利です。電気代がほかの業務用冷凍機とほぼ同等であり、初期投資も低価格なため、経済的な運用が可能です。

スペースの効率的な利用

小型急速冷凍機は、業務用冷凍庫や冷蔵庫と同じサイズなので、既存のスペースに収めやすい特徴があります。これは、スペースに制約のある店舗やキッチンにおいて大きなメリットとなります。

【業種別】おすすめの小型急速冷凍機の種類

急速冷凍機は業種や凍結する食品によって適した種類が異なります。ここでは、異なる業種においておすすめの小型急速冷凍機の種類を紹介します。

水産加工業

水産加工業では、魚介類の凍結に特化した急速冷凍機が重要です。厚みのある魚に対応でき、迅速な凍結が求められるため、液体凍結タイプが一般的です。近年は、真空包装の手間を省くために、空気凍結タイプも注目されています。

畜産加工業

畜産加工業では、厚みのある肉を短時間で多く凍結したい要求があります。この場合、液体凍結タイプがおすすめです。ただし、液体凍結タイプは凍結時に真空包装が必要なため、裸のまま凍結したい場合は空気凍結タイプが適しています

食品製造業/食品メーカー

食品製造業や食品メーカーでは、製造した食品の状態によって選択が変わります。密閉された食品を迅速に凍結したい場合は、速い液体凍結機が適しています。一方で、製造した食品をそのまま凍結したい場合は、使い勝手のよい空気凍結タイプがおすすめです。

仕出し/弁当屋

仕出しや弁当屋では、作り立ての熱い料理をそのまま凍結するケースが多いです。この場合、空気凍結タイプの急速冷凍機が適しています。作業性や操作性がよく、既存の製造工程や作業工程を変えずに冷凍作業を組み込むことができます。

飲食店

飲食店では、メニューの中心を凍結する必要があります。通販事業を展開する飲食店も増えており、その需要に対応できるのが急速冷凍機です。飲食店向けには空気凍結タイプが適していますが、液体凍結機はアルコールを使用しているため、厨房での使用には注意が必要です

まとめ

小型急速冷凍機は個人経営の飲食店に適しています。メリットとしては、廃棄ロスの削減や出来立ての料理を保存可能です。業種によってもおすすめの機種が異なり、水産業や畜産業、食品製造業などに対応した専用機種が存在します。導入の際は、業務ニーズに合わせて適切な冷凍機を選ぶことが重要です。

ジャンルを問わない急速冷凍機

3Dフリーザー/株式会社コガサン

3Dフリーザー/株式会社コガサン
引用元:https://3d-freezer.com/

3Dフリーザーは、世界初の特許技術による冷凍で食品の美味しさをキープしたまま保存できる点が食品業界で評価を得ています。
繊細な飾りつけや、従来では冷凍ができないと思われていた食品など、「冷凍ができれば叶うのに…」と販路拡大や大量生産を諦めていた食品事業者の方におすすめしたい急速冷凍機です。

急速冷凍のお役立ちコラム

おすすめの急速冷凍機7選比較表

イメージ
引用元:https://3d-freezer.com/
引用元:https://technican.co.jp/
引用元:https://yoneda-kohki-group.co.jp/products_rf/
引用元:https://rfs.proton-group.net/product/
引用元:https://www.galilei.co.jp/products/search/?daibunrui_id=4&tyubunrui_id=11
引用元:https://www.abi-net.co.jp/cas/
引用元:https://pro.saraya.com/rapidfreezer/
会社名株式会社コガサン
3Dフリーザー®︎
テクニカン
凍眠
米田工機
リ・ジョイスフリーザー
菱豊フリーズシステムズ
プロトン凍結機
フクシマガリレイ
ショックフリーザー
株式会社アビー
CAS
サラヤ
ラピッドフリーザー
特徴特許技術でさまざまな食材の品質を落とさず素早く冷却通常の空冷気式の急速冷凍機よりもさらに早く食品を凍結できる圧倒的高品質の冷凍ができる液体急速冷凍機鮮度を保持して食品ロスを削減できるハイブリッド凍結機加熱したての熱々の食品も急速冷却・急速凍結できる限りなく生に近い状態を時を超えて再現素早く凍結して食品の品質を保つ急速液体凍結
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】世界が認める特許技術!3Dフリーザーが変える食品業界の未来